戦後70年目に寄せて

鹿児島市の女性終活カウンセラーの団体、50+(フィフティプラス)のSです。


70年前の朝、広島で落された原爆により、あまた多くの命が奪われました。

 毎年この日は、黙とうを捧げていますが、今日はテレビで放映されていた

広島での式典を見て、皆さんと一緒に一分間の黙とうを捧げました。

一瞬にして奪われた命と、家族を奪われた上に、被爆した遺族たち…。

被爆者の平均年齢も80歳を超えたといいます。

 

今、日米安全保障条約のことで揺れに揺れていますが、今まで閉ざしてきた戦争への門を開けてしまっていいのか…。

戦後70年が経ち、戦争についての語り部が激減し、風化していってしまうことのほうが多いですけれども、ヒロシマとナガサキへ思いを寄せるとき、私たちはひとたび真剣に考えなければならないと思います。

 

70年前、「終活」という、自分の人生を考え、人生の終焉に備えて準備できる時代がくるなど、誰が想像できたでしょうか。

本当に幸せな時代に生きていることに感謝します。

そういうことを改めて思った戦後70年目の朝でした。

 

山下達郎の「The War Song」という曲の中に

最後、「we must save the  world somehow」という歌詞があります。

私は何ができるだろうか…。