延命治療は…

うちの両親は、常日頃「もしもの時は、延命治療はしなくていいからね」と

言っております。「うん、わかったよ」と娘たち。


こういうやりとりを今まで何度も繰り返してきた気がします。

とはいえ、実際、そういう状況になったら、少しでも長く生きていてほしいと

きっと思うに違いありません。たとえ、植物人間になったとしても…です。

しかし、それは当事者の意思とは関係なく、残される家族のわがままで

しかないことは、頭ではわかっていますが、一体そのとき、どうなるのか

想像もできません。


「管をたくさんつけたまま、生きながらえたくない」という

延命治療を望まない方々のために、その思いを円滑に遂行するための

方法があります。


今度の終活ワークショップPetit shuでそのお話をきけます。

興味のある方はこちら


嵐の前の快晴ってなんだか不気味ですね…

風が強くなってまいりましたので、皆様もお気をつけて。